未分類 0 Comments

ソフビ人形は今注目されている商品なので、押し入れの奥を探して買取を利用すれば、お小遣いを作ることができます。しかし買取の場合はいろいろな状態によって価格は違ってきてしまいます。そこで、まず状態についてどんなチェックをすればいいのかご紹介しましょう。まず汚れについてチェックしてみましょう。黒い汚れやべたつきがあったらすぐにキレイに拭きましょう。またシールを剥がした跡はないでしょうか。汚れはできるだけキレイにした方が、買取価格はずっと高くなります。

次に変色、退色についてです。直射日光による色あせはありますか。黄ばみや色移りがあると価格はグーンと下がってしまいます。手垢などでてかっている場合は、キレイに拭くようにしましょう。破損については、傷やすり減りなどはないでしょうか。穴や破れはどうでしょう。背面の文字のすり減りなどによって相当低価格になってしまいます。他にいろいろなパーツは全部揃っているでしょうか。パーツの破損や変形はどうでしょう。装着箇所に到着されているかなどをチェックします。他にも装飾品があればそれらの状態も大切になります。毛などがある場合は、ほつれ、縮みなどないでしょうか。この辺を自分の持っているソフビ人形の状態のチェックをしてみましょう。

未分類 0 Comments

人形ソフビ人形は特に男の子にとって、とても思い出深いおもちゃの一つではないでしょうか。ビニールの独特の匂いや、柔らかさなど独特の温かさが、当時爆発的に流行した怪獣などのキャラクターということもあって、子どもの心をとらえたのではないでしょうか。それに比べてフィギュアもちょっと似たイメージを持っている人もいるかも知れません。ソフビ人形は中が空洞になっていますが、フィギュアは空洞がない、あるいはとても少なく、とても本物に近い状態でキャラクターを作り出しています。

このソフビ人形は1950年代にアメリカで誕生し、日本にもその後渡ってきたと言われています。当時の子どものおもちゃはセルロイドなど硬いものばかり。ソフトなものはとても珍しかったのです。その柔らかさこそ、当時の子どもの心を掴んだといえます。ソフビ人形の後にフィギュアが人気となり、ソフビは押し入れの奥にしまわれていきました。しかし今またフィギュアにはない魅力が注目されているのです。最近またゴジラなどの映画が人気となっていることから、怪獣全盛期のソフビ人形も人気が出ているとも言われています。細かくリアルで精巧に出来ているおもちゃだけが、人を引きつけるわけではないということのようです。押し入れの奥にあったら買取を利用してみませんか。

未分類 0 Comments

怪獣ソフビ人形は、今から50年ほど前に、子どものおもちゃとして爆発的にはやったものです。そのソフビ人形は、最近新たらしくブームとなっています。ソフビ人形にはアニメのヒーローや怪獣などのソフトビニール製の人形のおもちゃのことです。どうして今、このソフビ人形が再び人気となっているのでしょう

ソフビ人形そのものは、今でもずっといろいろなキャラクター商品として販売され続けています。しかし、今注目されているソフビ人形は、高度経済成長期の頃に出回っていた、いわゆるレトロものなのです。その頃は特撮ブームの走りでもあり、そのときの人気怪獣が人気なのです。第一次怪獣ブーム、第二次怪獣ブームがあり、その頃の怪獣ソフビ人形は今が売り時とも言われるほど高値となっています。特に男性は子どもの頃のおもちゃとして押し入れの中に残っているかも知れません。

ただし高値の条件もあります。パッケージや説明書がキレイな状態で残っているものが最高に高値となります。これがないと大きな差が出てしまうほどパッケージや説明書は重要なものです。また当然商品もキレイであることが大切です。もし購入した当時の状態のままのものがあれば、相当高値が付くでしょう。ソフビはもともと子どもがおもちゃとして遊んでいても怪我をしないように、ソフトな風合いに作られています。そのため特殊な昭和のレトロが雰囲気を醸し出しています。この昭和の雰囲気こそマニアの間ではとても魅力的なのです。