ソフビとフィギュア

未分類 0 Comments

人形ソフビ人形は特に男の子にとって、とても思い出深いおもちゃの一つではないでしょうか。ビニールの独特の匂いや、柔らかさなど独特の温かさが、当時爆発的に流行した怪獣などのキャラクターということもあって、子どもの心をとらえたのではないでしょうか。それに比べてフィギュアもちょっと似たイメージを持っている人もいるかも知れません。ソフビ人形は中が空洞になっていますが、フィギュアは空洞がない、あるいはとても少なく、とても本物に近い状態でキャラクターを作り出しています。

このソフビ人形は1950年代にアメリカで誕生し、日本にもその後渡ってきたと言われています。当時の子どものおもちゃはセルロイドなど硬いものばかり。ソフトなものはとても珍しかったのです。その柔らかさこそ、当時の子どもの心を掴んだといえます。ソフビ人形の後にフィギュアが人気となり、ソフビは押し入れの奥にしまわれていきました。しかし今またフィギュアにはない魅力が注目されているのです。最近またゴジラなどの映画が人気となっていることから、怪獣全盛期のソフビ人形も人気が出ているとも言われています。細かくリアルで精巧に出来ているおもちゃだけが、人を引きつけるわけではないということのようです。押し入れの奥にあったら買取を利用してみませんか。